テーマ:感想

ザ・ベストハウス123で紹介されてた坪倉優介氏の記憶喪失になったぼくが見た世界を読みました

記憶喪失の体験談を綴った貴重なノンフィクション作品でした。 人に記憶というのは、本当に不思議だなと思いました。 記憶を失うだけで、「単に忘れた」ではすまされない障害がいろいろあるのだなと。 でも、それだけではなく、失ったからこそ、手に入れられる新鮮な視点や純粋な思考法。 記憶を失った人から見た世界が、このように見えるのかと感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デフレの正体に賛否両論!

店頭にデカデカと池上彰 氏、山田真哉 氏、総理が注目と紹介されていたので、思わず購入してしまいました。 内容はというと・・・生産年齢の人口の減少が需要不足を生み、デフレになっているということを、データをもとに解説してあります。非常にわかりやすい論旨のため、経済にそれほど詳しくなくても、簡単に読むことができます。 おもしろいと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴールデンスランバー 逃亡劇

伊坂 幸太郎さんの ゴールデンスランバーを読みました おもしろい作品だとは思ったのですが、本屋大賞を受賞したりしている作品だったので期待値ほどは・・・という感じでした。 ゴールデンスランバー (新潮文庫)新潮社 伊坂 幸太郎 Amazonアソシエイト by ストーリーのあらすじは、青柳と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海辺のカフカ(村上春樹)の評価がなぜ高い?

海辺のカフカの上下巻を読みました。 海辺のカフカ (上) (新潮文庫)新潮社 村上 春樹 Amazonアソシエイト by 海辺のカフカ (下) (新潮文庫)新潮社 村上 春樹 Amazonアソシエイト by 独特の世界観で、どんどんと読み進めることができますが・・・ 最後まで、謎が謎のままであり、なか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more