映画「海猿」のあらすじと感想

海猿
☆海猿のあらすじ

主人公の仙崎大輔は、海上保安庁の船上勤務が退屈なので、潜水士を目指すことにした。

しかし、潜水士は全国海上保安官の中で、わずか1%しかなれない厳しい道だった。

潜水士になるための、潜水技術課程には、仙崎を含めた14名の訓練生がいた。

ダイブマスターの仙崎は、訓練に楽々ついていくが、バディ(パートナー)を組むことになった、工藤のレベルが低いため、一緒に罰を受ける。

最初は、工藤が訓練についていけないことにいらついていた、仙崎だったが、工藤が潜水士を目指す理由を聞かされ、一緒に、最後まであきらめず潜水士になることを誓う。

しかし、その後、仙崎がメンタル面でショックを受ける事件が起きる。

なんとか、それを乗り越え、潜水士になることを目指した仙崎。その仙崎が、究極の選択が迫られる。

訓練中に、海底でバディが事故にあってしまったのだ。

仙崎は、鬼教官の源が言っていたことを思い出す。

「バディと2人で取り残された。使えるボンベは一つ。水深40メートル。残圧30。片道1人分。お前ならどうする?」


☆海猿を見た感想

予想していたより、かなりおもしろかったです。

それも、そのはず。踊る大捜査線を作成したスタッフが、映画作成に関わっているそうです。

もともと、少年サンデーで連載していた、漫画を映画化したものですが、映画になって随分と印象が変わりました。

映画になって、少し大人を意識した作品になっています。

邦画でも、これだけ迫力があって、感動できる作品が出来るものなのかと感心しました。

海上保安庁かっこいいですねぇ~

こちら>>海猿

漫画原作はこちら>>海猿1~12巻

人気ブログランキング>>

DVD借り放題のオンラインDVDレンタル比較>>

"映画「海猿」のあらすじと感想" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント