ハウルの動く城のあらすじ

★ハウルの動く城のあらすじ

時代は、まだ魔法使いがいた中世の時代。ある街の外れに、少し寂れた帽子屋がありました。

その帽子屋は、ある少女の亡くなった父親が残したものでした。

少女の名前はソフィー。生真面目がとりえで掃除が得意です。

ある日、ソフィーが妹のベティに会いに行く際に、動く城の主であるハウルに出会います。

ハウルは、荒地の魔女に追われており、ハウルと一緒にいたソフィーは目をつけられ、呪いをかけられてしまいます。

その呪いは、老女になってしまうというものでした。

呪いを解く為に、ハウルの動く城へ向うソフィー。果たして呪いを解くことはできるのでしょうか?

こちら>>ハウルの動く城


★ハウルの動く城を見た感想

千と千尋の神隠しと、どことなく似た雰囲気があります。

不思議な世界観で、好き嫌いが分かれるような気がします。

特別おもしろいと感じるわけではないのですが、毎回、観に行かないと気になる作品です。

途中で、呪いが解けていないにもかかわらず、ソフィーが若くなってしまうシーンがありましたが、あれはなぜなのでしょうね?

怒ったり、笑ったり、感情の起伏が激しくなるときは、若くなるということなのでしょうか?

絵はきれいで、「すげー」と思ったのですが、ストーリーがいまいちだったように思います。

オンラインDVDレンタル比較>>

人気ブログランキング>>
ハウルの動く城 [DVD]

"ハウルの動く城のあらすじ" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント