CPUの使用率が100%!原因はrealplay.exeが勝手に起動するだった!

最近、パソコンを使っていると、ファンが回りっぱなしになって、異様に熱を持つのでおかしいなと思っていたら原因がわかりました。

crtl + alt + del

でタスクマネージャーを立ち上げ、リソースモニターでCPUを確認すると・・・


10個もrealplay.exeが起動していました。

なんだ!これは!

と思っていたら、ネットサーフィンをしているときに、動画を見ると、RealPlayerが勝手に立ち上がろうとするようです。



リソースモニターでrealplay.exeのプロセスを強制的に終了すると、CPUの使用率が大幅に減少!ファンも回らなくなり
パソコンも静かになりました。

根本的に解決するには、Realplayerをアンインストールするという方法もあるようです。詳しくは、ネット巡回中にRealPlayerがいつのまにか起動してPCを重くするという罠 に書かれています!


夏が来て暑いからパソコンが故障したのかと思っていたのですが、CPUの使用率が減少することで、パソコンが異様に熱くなる現象はなくなりました


★追記
Realplayerにサインインしたら自動で起動しなくなるそうです。詳しくは、Realな安全対策。に書かれていました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック