海辺のカフカ(村上春樹)の評価がなぜ高い?

海辺のカフカの上下巻を読みました。


海辺のカフカ (上) (新潮文庫)
新潮社
村上 春樹

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 海辺のカフカ (上) (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



海辺のカフカ (下) (新潮文庫)
新潮社
村上 春樹

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 海辺のカフカ (下) (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


独特の世界観で、どんどんと読み進めることができますが・・・

最後まで、謎が謎のままであり、なかなか理解しづらい内容だなと思いました。

描写や表現は深いものを感じるのですが、いかんせん、この難しい作品を、ここまで多くの人が高評価である点に驚きを感じます。

推察するに、村上春樹の作品を手に取る、小説を読むという時点で、日ごろから数少ない「本を読む」という習慣がある人なのだと思います。

最近のテレビ番組や売れている書籍の傾向は、「わかりやすい」というのがキーワードになっているような気がするので。ストーリーとして、オチがあまりハッキリしておらず、読者の想像力まかせの「海辺のカフカ」。正直、万人受けするような作品とはとても思えません。

現に「海辺のカフカ」のどのような点が好きなのかという評価を読んでみると、みんなバラバラ。それだけ、評価するのが難しいということなのだろうと思います。

日ごろ、本を読まない方にはハードルが高い作品だなという感じました

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック