旧式ビデオカメラで撮影したセミナーをパソコンへ取り込む

ビデオカメラからパソコンへ取り込んでいる写真

5~6年前のビデオカメラから、撮影したセミナーをパソコンへ取り込んでいます。

いや~、おそろしく時間がかかりますね。


今回、急遽、撮影することになったので知り合いから、ビデオカメラを借りたのですが、ハードディスクタイプではなくて、ミニDVカセットタイプでした。





60分と書かれていますが、LPモードで録画すれば90分まで録画可能です。

今回、パソコンに取り込むのが初めてで、やり方がよくわからなかったのですが、付属のケーブルでできるのかと思いきやできませんでした。オプションのDVケーブルが必要でした。


4ピンのDVケーブル

幸いパソコンにIEEE1394の取り込み口が付いていたので、ビデオカメラとケーブルを接続して、XPのパソコンに最初から入っているアクセサリのWindowsムービーメーカーで取り込みました。

でも、思いっきり、時間がかかるんですよね。

1カセットに約70分ぐらい撮影しているのですが、まず取り込むのに同じ時間かかります。さらにそこから、倍ぐらい変換する時間がかかります。

合計すると1本のカセットをパソコンに取り込むのに、3時間以上もかかります。

これで画質がよかったらよいのですが、残念ながらイマイチなんですよね。ビデオカメラに直接SDカードを差し込んで録画するよりは画質がよかったのですが、セミナーの動画を販売するには、ちょっとひどい質です。


最新のビデオカメラを購入したら、もうちょっと映りはよいのでしょうけど、うーん迷うところです。



そこで、考えたのですが、パワーポイントを直接キャプチャーして、講師はWEBカメラを使って撮影する方法。これが一番よさそうな感じです。

今回、カムタジア・スタジオの体験版をダウンロードして撮影しているので、そちらも今から動画の質を確認します。

体験版のダウンロードはこちら>>No,1動画キャプチャーソフトのカムタジアスタジオ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック