餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?は会計の小説だった

餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?
餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?

餃子屋と高級フレンチはどちらが儲かるかを読みました。

実は、2作目の美容院と1000円カットでは、どちらが儲かるか?を読んでいたので、少し内容が簡単すぎるかなぁと思いました。

でも、会計がまったくわからんという人にとっては、とてもわかりやすくて会計の基本の話となっているのでおすすめです。

タイトルからは、まったく想像つかないですが、この書籍は小説です。経営ド素人の由紀が、父親のアパレル会社を引き継いで、赤字だった会社を立て直すというストーリーになっています。

わかりにくいところは、図で解説してあり、会計がある程度詳しい人でも、人に説明するときに、どのように表現したらよいかわかります。

何より、アパレル会社「ハンナ」を、由紀がいろいろ苦労しながら、経営コンサルの安曇のアドバイスを得て、会社を立て直していくストーリーは社会人の方なら共感する部分が多いはず。自然と会計は何か、どのように決算書を見ればよいかがわかります。

会社の経営に携わる方で、会計がいまいちわからんという人は、いきなり簿記や決算書の読み方という本を読まず、このようなビジネスストーリーで会計がわかるという本を読むというのはありだと思います。


会計システムの導入で苦労している、または苦労した人は、2作目の方が共感する部分が多いので、実際のビジネスで役立つ部分が多いかと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック