パソコンのXPとVISTAの遅いor重い原因を解消する方法

日経PC
日経PC
を読んでいたら、パソコンが重くなったり、遅くなったりする原因が書かれていました。

丁度、メインで使っている、パソコンが重くなってきたので、原因を解消する方法があるのなかなって思って、興味深く読ませてもらいました。

VISTAとXPは、遅くなったり、重くなったりする原因が根本的に違っていて、VISTAの場合はメモリー不足の場合がほとんどです。

僕がメインで使っているのは、XPで、先日、上海問屋(メモリー系は激安で購入できるネットショップ!)で購入した、1GBのメモリーを追加してあるので、メモリーが原因ではありません。


XPの場合、遅くなったり、重くなったりする原因は、不要なファイルの蓄積!知らず知らずの間に蓄積していて、ウィンドウズ標準でついているクリーンアップソフトでは、削除することもできません。

そこで、登場するのがそうじ小僧

使い方は簡単で、クリーンアップを開始するというボタンをワンクリックすれば、パソコンの中の不要ファイルをすべて削除してくれます。

ダウンロードはこちら⇒そうじ小僧

画像

僕の場合は337MBほど不要ファイルがありました。道理で遅くなっていたわけです。

今まで、Cドライブの中身を見て、セットアップファイルとか、ウィルスバスターのアップデートファイルを手作業で削除していましたが、それでも不要ファイルはかなりたまっていたみたいです。

ついでに、このそうじ小僧というソフトウェアには、デフラグ機能もついているみたいです。

重くなって、XPの初期化も考えていましたが、これで、遅さから随分と解消されそうです

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

よっしい
2008年09月23日 18:31
不要なファイルがなぜ、パソコンを遅くするのですか?

この記事へのトラックバック