BOKU笑太郎のビジネスに役立つ雑学

アクセスカウンタ

zoom RSS お中元・お歳暮に「牛肉しぐれ煮」 柿安物語

<<   作成日時 : 2006/11/29 00:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

お歳暮に柿安の「牛肉しぐれ煮」をもらいました。

これが、なかなかおいしかったです

柿安というと、牛肉がおいしいと有名なのですが、生肉だと日持ちがしないので、贈り物には適していません。

しぐれ煮のように加工してあるモノは保存がきくので、もらう方としてはうれしい限りです。


おいしかったので、どのように作られているのだろうと、箱の中に入っていた紙を読んでいたら、柿安物語が紹介されていました。

■柿安物語■

牛肉の美味しいさに魅せられた
柿安初代・赤塚安次郎は、
明治4年、
桑名に牛鍋屋を開きました。
それまで安次郎は
柿などの果樹園を営み
「柿の安さん」とか「柿安」と
呼ばれていたため
それをそのまま屋号としました。
安次郎は、牛鍋の美味しさを決める
牛肉とタレにこだわりました。
独自のタレを工夫するとともに、
肉質優秀な牛を育てる事にも力を注ぎました。
そのタレと牛肉を使い、桑名に伝わる「しぐれ煮」という
伝統的な料理方法より創り出されたのが
柿安の「牛肉しぐれ煮」です。
創業以来130有余年。
時代は大きく変わりましたが
柿安は創業時の精神を忘れずに、
美味しさを追求し、お客様に満足していただく事を
なによりの喜びとしています。


普通のすきやきの味とも違って、少し濃い目の味となっています。そのため引き締まった感じの味になるのでしょうね

しゃぶしゃぶ日本料理などのお店も出しているそうなので、また行ってみたいと思います。

★お中元・お歳暮に「牛肉しぐれ煮」を贈るなら

★贈り物関連記事

人気ブログランキング>>
スポンサードリンク

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
お中元・お歳暮に「牛肉しぐれ煮」 柿安物語 BOKU笑太郎のビジネスに役立つ雑学/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる