BOKU笑太郎のビジネスに役立つ雑学

アクセスカウンタ

zoom RSS 第39話「ヨリの企み」 宮廷女官チャングムの誓いのあらすじ

<<   作成日時 : 2006/01/08 20:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

<<宮廷女官 チャングムの誓い 全54話のあらすじへ戻る

☆第39話「ヨリの企み」のあらすじ
皇后は、チャングムが以前、水刺間(スラッカン)の女官だったことを思い出し、チャングムにメミルチョンピョンを作って欲しいと頼む。偶然にもクミョンが同じ料理を作ってくるが、皇后は手をつけず、チャングムの料理を食べる。屈辱を受けたクミョンは、ヨリとの取引に応じる。その頃、都の近くで疫病を発生し、中宗は医務官らの派遣を言い渡す。内医院(ネイウォン)で派遣する医女を選ぶことになり、ヨリは自ら志願。その一方で、策を弄してチャングムの失態を作り出す。内医院で孤立したチャングムは、医女たちの結束に亀裂を入れた責任として、疫病地域への派遣を命じられる。



☆感想

ヨリのせいで、窮地に追いやられてしまうチャングム。でも、ハンサングンと一緒に、謀反の罪に問われたときに比べて、なまやさしい追い込みのような気がします。

それでも、2段、3段と波状攻撃をかけてくるので、最終的には村から出れない羽目に・・・

ヨリ、かなりの策士ですね。悪びれもせず、チャングムを窮地に追いやるところは、グミョンよりもはるかに悪党です。

今回は、チャングムがやられっぱなしだったので、次回は、チャングムの反撃となるのでしょう・・・かね?


☆チャングム情報

宮廷女官チャングムの誓い Vol.13には、特典映像として、チャングム豆辞典「粥(かゆ)」「大蒜(にんにく)」「チ・ジニ」、音楽 イム・セヒョン インタビューが収録されています。

チャングム豆辞典を見ていて、いつも思うのですが、チャングムの誓いって、非常に韓国の歴史や食文化などうまく取り入れて映像化していますよね。

普通に見ていると気づかないのですが、豆辞典を見ていて「なるほど〜」と思うところが数多くあります。

最近、NHKから出版された宮廷女官チャングムの誓い (特別編)という書籍もそうです。

用語解説に近いのですが、チャングムの誓いが好きな人には、いろいろな疑問が解けるように作られています。

こちら>>宮廷女官チャングムの誓い (特別編)

ドラマを通じて、韓国の歴史を学ぶ。楽しみながらできるので、まったく苦になりませんね。

人気ブログランキング>>
宮廷女官 チャングムの誓い VOL.13 [DVD]
スポンサードリンク

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
第39話「ヨリの企み」 宮廷女官チャングムの誓いのあらすじ BOKU笑太郎のビジネスに役立つ雑学/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる