第38話「丸薬の秘密」 宮廷女官チャングムの誓いのあらすじ

<<宮廷女官 チャングムの誓い 全54話のあらすじへ戻る

☆第38話「丸薬の秘密」のあらすじ
皇太后の病状は、治療を拒否している間に悪化し、煎じ薬を受け付けず、鍼(はり)治療もできなくなる。診察の結果、脚気と判明。治療が遅れれば、命にも関わりかねない。ウンベクは食事療法を指示するが、脚気に効能がある食べ物は、皇太后の嫌いなものばかりだった。チャングムは皇太后の献立を調べ、食習慣に原因があることに気づく。そして、シン・イクピルの指示で材料を気づかれないように丸薬を作る。丸薬は皇太后の口に合い、皇太后は進んで摂取する。嫉妬したヨリは、チャングムの後をつけ、皇太后の嫌いなニンニクを材料にしていることを暴き出す。



☆感想

チャングムの活躍で、皇太后様も元気になりました。

でも、チャングムが活躍すればするほど、足を引っ張ろうとする者が出てくるんですよね~

なんだか、ヨリがあやしい動きに出始めました。

皇后様と長官がチャングムの力になると言ってくれてますけど、チェ一族およびその関係者の力は強大ですからね。

チャングムの進む道は、常に山あり谷ありです。


☆インタビュー

主題歌を作成したイム・セヒョンのインタビューが収録されていました。

「へぇ~」と思ったことがあります。

実は、「オナラ」という主題歌は、放送前日の8時まで、ボーカルが見つからずに完成していなかったそうです。

「これはお蔵いりか?」とセヒョンが思いながら、テレビをつけると、そこには、3人の子供たちが歌を歌っていました。

「この子達が、私の求めていたボーカルだわ」と、思い立ち、なんとか翌日の放送に間に合わせたそうです。

そんなギリギリに作成された歌とは思ってもみませんでした。

結構、韓国のドラマって、ぎりぎりで何事も決まっているみたいです。ストーリー展開も融通を利かせて変えているようですしね。

ちなみに、オナラの意味は、「漠然と愛する人を待つ」という意味だそうです。

基本的に、主題歌を含めたサウンドのテーマは、愛や憎しみなどの感情とのことでした。

チャングムで使われている音楽はこちら>>チャングムの誓い オリジナル・サウンドトラック

人気ブログランキング>>
宮廷女官 チャングムの誓い VOL.13 [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック