第37話「母・皇太后」 宮廷女官チャングムの誓いのあらすじ

<<宮廷女官 チャングムの誓い 全54話のあらすじへ戻る

☆第37話「母・皇太后」のあらすじ
皇太后が突然、シン・イクピルの治療を受けないと言い出し、なぜ王室の親族であるイ・ヒョヌクを罷免し、粗末な医務官を寄越すのかと中宗を責める。皇太后はヒョヌクから、イクピルが数年前に誤診で高官を死なせ、それをもみ消したのが、謀反の罪で処刑されたチョ・グァンジョだと吹き込まれていた。皇太后の身を案じた中宗は、苦悩の末、イクピルの免職を決定する。窮地に追い込まれたイクピルを救うため、チャングムは皇太后に自分と賭けをして欲しいと申し出る。チャングムは、皇太后が謎解きに答えられなければ治療を受け、正解したら自分の命を差し出すという。



☆感想

一休さんと将軍様を思い出す展開でした(笑)。

チャングムが皇太后に謎賭けをし、当たらなければ治療を受けるという展開でした。

チャングムの出した謎賭けは・・・

「人を当てる問いでございます。

その方は古くからの食医でございました。明国皇帝の食医は、その方に由来すると言われています。また、その方は一家のしもべで、あらゆるつらい仕事をしながらも、家族全員の師匠でもありました。この人が生きている間は、この世は山でありましたが、亡くなるとこの世は水に沈んだという伝説があります。

この方をお当てください。」

答えを聞いてなるほどぉ~と思いました。

相変わらず無謀なことをするチャングム。ハラハラさせられますが、その頭のよさは感心してしまいます。

チャングムの行動は、周りから見ると、次は何をしでかすかという不安半分と期待半分なのでしょうね~


☆チャングム豆辞典

宮廷女官 チャングムの誓い VOL.13には、チャングム豆辞典「粥(かゆ)」が収録されています。

韓国では、粥のことをチュクと呼び、健康食として食べられています(参照:おかゆを韓国ではチュクという!)。

豆辞典では、便秘に効くとされているカボチャ粥や、滋養強壮に効くとされている高級アワビ粥が紹介されていました。

便秘の方はこちら>>カボチャ粥

疲れ気味の方はこちら>>アワビ粥

他にも、48種類の薬膳スパイスを配合しており、おいしくダイエットできるというお粥もあります。

こちら>>ダイエットキムチ粥

人気ブログランキング>>
宮廷女官 チャングムの誓い VOL.13 [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

驚いた 驚いた 驚いた
面白い
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック