第32話「無罪放免」 宮廷女官チャングムの誓いのあらすじ

<<宮廷女官 チャングムの誓い 全54話のあらすじへ戻る

☆第32話「無罪放免」のあらすじ
チャングムは、倭寇の頭目を治療したことで裏切り者の嫌疑をかけられ、都の義禁府(ウィグムブ)に連行される。済州島(チェジュド)の長ハン・ドンイクが、奴婢の女が倭寇と通じていたと報告したのだった。ミン・ジョンホは報告の虚偽を暴くが、オ・ギョモは王命により内通者は厳罰だと一蹴。事の真相は宮中に広まり、医女としてどう行動すべきかと医女たちに問われた皇后から、中宗に伝わる。中宗はハン・ドンイクを罷免、オ・ギョモにも厳重な注意を促し、チャングムは無罪放免となる。宮中の医官に復帰したウンベクは、復讐を諦めていないチャングムに、近く医女試験があることは教えないことにする。



☆感想

まさか、役所に連行されたチャングムが、医女試験に合格して宮中へ戻ると思いませんでした。

チャンドクと、お別れの挨拶をしてませんが、このまま宮中での医女編が展開していくのでしょうか?

素早すぎて、次なる展開がまったく読めない状況です。

講師らしき人が、最後の登場しましたが、きっと、しごきの日々がはじまるのでしょうね~



☆チャングムはみだし情報

宮廷女官 チャングムの誓い VOL.11には、脚本を書いたキム・ヨンヒョンのインタビューが収録されています。

チャングムの誓いのシナリオは、徹底した男尊女卑の時代に生きる、自立した女性を描くことで、社会に性差別を考えさせることをテーマに書いているそうです。

DVDで見ていると、チャングムの誓いのテーマまでは気が回りませんが、なるほどぉ~と思わされました。

チャングムの誓いのシナリオは、非常によく練られて書かれています。

セリフ一つをとっても、当時の時代背景を考えて作られているところがたくさんあります。

でも、実は、日本語に訳すときにカットされている部分が結構あるのです。

例えば、ミンジョンホは、字幕では「チャングムさん」と読んでいますが、本当は「ソ内人」と、苗字と役職で呼んでいるのです。

このような違いを探しながら、チャングムの誓いを見てみるのもおもしろものです。

カットされた部分も確認しながら、シナリオを確認したいという方には『宮廷女官チャングムの誓い』シナリオ・ブックiconで確認することができます。
「宮廷女官チャングムの誓い」シナリオ・ブック 第1巻
「宮廷女官チャングムの誓い」シナリオ・ブック 第1巻

『宮廷女官チャングムの誓い』シナリオ・ブック〈第2巻〉
『宮廷女官チャングムの誓い』シナリオ・ブック〈第2巻〉

iconicon
『宮廷女官チャングムの誓い』シナリオ・ブック〈第3巻)


人気ブログランキング>>
宮廷女官 チャングムの誓い VOL.11 [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック