第35話「疑惑」 宮廷女官チャングムの誓いのあらすじ

<<宮廷女官 チャングムの誓い 全54話のあらすじへ戻る

☆第35話「疑惑」のあらすじ
医女見習いとして、チャングムはシンピとともに宮中の内医院(ネイウォン)に配属された。皇后に流産の兆しが現れ、召集を受けたチャングムは、水刺間(スラッカン)の最高尚宮(チェゴサングン)となったクミョンと顔を合わせ、さらに女官長となったチェ尚宮(サングン)とも再会する。クミョンとチェ女官長は、チャングムが突然舞い戻ってきたことに驚愕し、恐怖に震える。チャングムはまた、閑職に追いやられたミン尚宮とチャンイ、そして特別尚宮(とくべつサングン)になったヨンセンとの再会を果たす。一方、ミン・ジョンホは上司の左賛成(チャチャンソン)の下、オ・ギョモ一派の一掃を目指し、先手を打つ。



☆感想

ついにチャングム関係者とチェ一族との対立が明確になってきました。

スラッカン時代は、よきライバルという感じで、お互いに認め合う部分もありましたが、もうそのようなものはありません。

スキあらば命を奪うというような緊張感すら漂っています。

医女編になって、ハラハラする度合いがさらに高まってきました。

チャングムは、今後どうなるのでしょうね。



☆チャングム豆辞典

宮廷女官 チャングムの誓い DVD-BOX(4)
チャングムの誓い vol.12チャングム豆辞典 左賛成(チャチャンソン) vs オ・ギョモが収録されていましてた。

いつの時代も権力闘争というものがあって、蹴落としあっていたのだなぁ~としみじみ思いました。

宮廷女官 チャングムの誓い DVD-BOX IVでは、料理のシーンがほとんど登場しなくなりましたが、宮中での権力闘争や身分の違いを強く感じるシーンが増えました。

スラッカン編とは、また違った形で、チャングムが生きた時代の韓国の歴史を感じます。

人気ブログランキング>>
宮廷女官 チャングムの誓い VOL.12 [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック