98年カンヌ国際映画祭審査員グランプリ受賞 ライフ・イズ・ビューティフル【追記】コールドリーディング

話題の作品ながら、いまだに見ていなかったライフ・イズ・ビューティフル。ついに見ました。

最初、この映画が英語圏のものだと思っていたので、タイトルを見たとき、「あれっ、間違えて違う映画借りてきた?」って感じでした。

イタリアの映画だったのですね。
気づきませんでした。

ライフ・イズ・ビューティフル
B000A16QIYロベルト・ベニーニ ニコレッタ・ブラスキ ジョルジオ・カンタリーニ


おすすめ平均 star
starすばらしい!!!
star最高傑作です
star不覚!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


主人公の男であるグイドのしゃべること、しゃべること。明石家さんまもびっくりなぐらいしゃべります。

ウソも同じぐらいつきます(笑)


ユダヤ人の強制収容所行きの話しのはずですが、暗さがあまりありません。
グイドの持つ、明るさとユーモアがそうさせているのでしょう。

「世界で一番あたたかいウソ」という言葉に偽りなしの映画です。涙を誘うシーンを、それほど暗い気持ちさせずにみさせてくれるすばらしい作品です。



少し古臭い感じのする画像が気になりますが、それ以外は評判どおりのよい作品でした。

人気ブログランキング>>

オンラインDVDレンタル比較>>


【追記情報】

ある本のあとがきに書かれていた言葉が、このライフイズビューティフルにピッタリの言葉でした。

「本当のことはバカにでも言えます。でも、相手を思いやるウソは愛情と理解と技術なくしては言えません。」

まさにその通りです。

グイドも、もしかしたら、この本に出てくる技術を身につけていたのかもしれませんね。

☆ある本とは↓の本のことです。
一瞬で信じこませる話術コールドリーディング
4894511967石井 裕之

フォレスト出版 2005-06-01
売り上げランキング : 529
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック