米、「イレッサ」の使用制限

用語集で書いていたゲフィチニブ(= Gefitinib)の使用制限がアメリカで行われました。

2005/06/19 日本経済新聞 朝刊 4ページ より
 【ニューヨーク=米州総局】米食品医薬品局(FDA)は十七日、重い肺炎などの副作用が国内外で問題化していた肺がん治療薬「イレッサ」(一般名ゲフィチニブ)について、新たな患者に適用すべきでないとする警告を出した。臨床試験のデータから、肺がん患者の延命効果は限定的と判断した。製造元の英アストラゼネカはFDAの指導を受け入れた。ただ服用経験のある患者や、薬が効果を示した患者、肺がん以外の用途など一部臨床試験患者の服用は認めるとしている。


いろいろと問題が起きていたので当然なのでしょうね。


□ 関連の記事



人気blogランキングに参加しています。
↑応援よろしくお願いいたします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック