BOKU笑太郎のビジネスに役立つ雑学

アクセスカウンタ

zoom RSS ★★★「魂の昭和史」を読んで自己を見つめなおす!

<<   作成日時 : 2004/10/05 06:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

魂の昭和史を読みました。

学校で日本史を習いましたけど、昭和史は駆け足で習ったので、あまり覚えてません。
皆さんもそうではないですか?

・・・ひょっとして、僕だけ?

この本、昭和史といいつつ、江戸時代からさかのぼって、昭和の時代まで書かれています。
昭和史を知るためには、江戸時代からの歴史の積み重ねを知らないと、理解できないからだそうです。

この本は、非常に読みやすい本です。
話しかけるような文体で書かれています。
わかりやすいのですが、歴史について深く考えさせられる本です。

一つの事実も、光を当てる方向が変われば見え方が違ってきます。
例えば、中国と日本の関係です

日本が中国に侵略したかどうか?

今も教科書の表現で問題になっていますよね。
でも、教科書に書いてある歴史は点でしかありません。
本当の歴史を知ることはできません。

日本が中国へ行った。そこで、戦争をした。
でも、その事実はあくまでも点。
その事実の意味を理解するためには、当時の背景、時代の流れ、関係者の思惑、経済環境を学ばなければいけません。
きっと、全てを理解したとき、点から線へ、「なぜそれが起こったの?」という、本当の意味を知ることができるのでしょう。

そうすると、"侵略"を使うかどうかは、些細な問題のような気がします。
まずは、歴史の背景を理解することが大切なのでしょう。

立場の違いによる問題は、大抵、自分のものさし(価値観)で相手を判断することから起こります。
ものさしの違いを学ばずに、自分で結論付けるから、なかなか問題解決できないのでしょうね。

事実は一つだけど、立場が違えば見え方は違う・・・覚えておかないといけませんね。

起業をすると、歴史から学ばなければいけないことがたくさんあります。
同じような失敗が繰り返し起きてきますからね。

歴史から学ばない者は、歴史が教えに来るという言葉があります。
歴史から、謙虚に学ばなければいけませんね。

今、僕達が、ここにいるのは、歴史の積み重ねです。
この本を読んでいると、日本で生まれ育った人は、たぐいまれなる幸せな国、幸せな時代に生まれたんだな〜と強く感じます。

生きるために働くのではなく、ファンタジィ(自己実現)のために働ける国、、、バンザイ!!

日本で住んでいるのに、自分は不幸だと思っている人におすすめの一冊です。
・・・でも、ビジネスに直結する本ではありませんのでご注意ください。



魂の昭和史」 (著)福田和也氏
おすすめ度: ★★★
スポンサードリンク

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
★★★「魂の昭和史」を読んで自己を見つめなおす! BOKU笑太郎のビジネスに役立つ雑学/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる